サッカーは男の子なら誰にでも人気のスポーツですが、最近では習い事としてのサッカー教室も人気なのです。昔はサッカーと言えば友だちと遊ぶ程度のものという認識で、習い事としてやるなんて想像もつきませんでしたが、今では男の子のスポーツ系習い事で3位を誇ります。そんなサッカー教室ですが、最近は幼稚園でも行われていることはご存知でしょうか。お母さんが「幼稚園でサッカー」という言葉を聞いて真っ先に思い浮かべるのは「怪我をしそう」ということだと思いますが、柔らかめのボールだったり、ゴールが小さいものだったりとそのへんはバッチリ対策を施しているようです。実際に、サッカー教室が幼稚園でどう行われているか、なぜ人気なのかについて紹介していきたいと思います。

幼稚園のサッカー教室が人気の理由

人気の理由としてまず、幼稚園のころから習い事としてサッカー教室にいかせることのメリットが沢山あります。サッカーは複数でやる集団協議なので、協調性とまではいきませんが、自由奔放な幼稚園の頃から他の子と協力する大切さについて身につけることが出来ます。また、とっさの判断力や危機を察知する能力、反射神経、基礎体力なども養うことができたりと、男の子にとっては良いこと尽くしです。次にお母さんにとっては、自分の時間を少しだけつくることが出来ます。もちろん、ユニフォームの洗濯やイベントがあれば参加しなければいけなかったりしますが、それでも子供に家で遊ばれるよりは、何か外で熱中して貰ったほうが、自分の時間として何かに集中することができます。お母さんにも少しだけメリットがあり、子供にもメリットがありと、人気の理由も少しだけ伝わりましたでしょうか。

幼稚園のサッカー教室は危ない?

幼稚園のサッカー教室が危ないと思っている方は多いと思いますが、対策はバッチリです。怪我をしたりしてしまうと問題になって教室を続けていくことができなくなるので、サッカー教室側もそこは理解している所がほとんどです。・ボールが柔らかめボールが柔らかめではサッカーしている意味がないと思うかもしれませんが、サッカー教室の本来の役目は、サッカーの楽しさを覚えてもらうこともありますが、その他にも人気の理由であげた協力することを覚えたり、反射神経、基礎体力を養うことでもあります。そのため、ボールが柔らかめでも本来の役目は果たしてくれます。・プロテクターをつける所も安全第一でやっている教室であれば、プロテクターという肘や膝を守るものを付けている所もあります。地面が芝生でない教室でも、プロテクターをつけていれば怪我をすることもないので、安全ですね。幼稚園からサッカー教室にいかせることはメリットが多く人気ですし、考えるほど危ないことはありません。是非、子供の成長にサッカー教室を選んでみてはいかでしょうか。