サッカーは子どもからの人気が高いスポーツであり、一部の幼稚園では幼児教育の一環として、サッカーが体育の授業として行われています。サッカーをすることによって楽しみながら体を鍛えることができ、子どもの健やかな成長に大きく貢献します。サッカーは団体スポーツですので、チームワークがとても大事になります。子どもたちはサッカーを通じてチームワークを学び、仲間を大切にする気持ちが養われます。また、サッカーには厳格なルールがあるため、子どもたちはサッカーを通じてルールを守ることの大切さを学ぶことができます。子どもたちにサッカーを教えているキッズ向けのサッカー教室は幼稚園生も参加することができ、数多くの幼稚園生がサッカーを学んでいます。幼稚園に通っている子どもがいる親御さんのために、幼稚園生対象のサッカー教室の特徴や現在について解説します。

幼稚園生対象のサッカー教室の特徴

サッカー教室は元サッカー選手などが講師になり、生徒にサッカーの指導を行っています。幼児から社会人まで参加することができ、子ども専用のキッズ向けのサッカー教室もあります。キッズ向けのサッカー教室では、3歳程度の幼児から中学生程度の子どもが参加することができます。幼稚園生も参加することができ、初歩から丁寧に指導してもらえます。指導の内容はサッカー教室によって違いがありますが、どの教室もテクニックを磨くだけではなく、子どもの人間的な成長もサポートしています。年齢に応じて指導内容を変えてくれますので、幼稚園を卒園して小学生や中学生になってからも継続的に参加することができます。プロサッカー選手を養成するサッカー教室もあり、成長してからプロを目指すことも可能です。

幼稚園生対象のサッカー教室の現在

日本では少子化が進行していますが、子どものために習い事をさせる家庭は増えており、サッカー教室は習い事として人気があります。そのため、現在ではサッカー教室は全国各地にあり、最寄りの教室に幼稚園生を参加させることができます。練習場所は広大なグラウンドを使用したり、フットサルのコートを使用することが多いですが、最近は室内で練習ができるフットサルのコートを練習場所にする教室が増えています。現在の料金はサッカー教室によって違いがありますが、月謝は5000円程度にしているケースが多いです。月謝に加えてユニフォームやシューズなどの練習備品代として、3000円から5000円程度の費用が必要になります。また、練習中の怪我などに備えて年間1000円程度の保険料の支払いも必要になります。

伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 幼稚園児がマストな教室